テニスボールを使ったストレッチからホットヨガ

ヨガの教室にはさまざまなクラスがあります。通うヨガのスタジオ、インストラクターによっても変わってきます。今回は初めてヨガに行った人の体験談をご紹介します。

テニスボールを使うストレッチからスタート

1レッスン1~6人で行う、先生のご自宅の教室に通っていました。まずはじめに体ほぐすストレッチから。テニスボールを使用し、足の裏、ふくらはぎ、ひざ裏、腰まわり、背中、肩など自分の体重を使いながらマッサージを行いました。その後は毎月のテーマに合わせてレッスンスタート。

それぞれのポーズの名前は覚えられませんでしたが、呼吸のタイミングを丁寧に指導してくださりこれまで苦手だった鼻呼吸、腹式呼吸が自然と身に付きました。苦手だったのは、三角のポーズ。これが休憩のポーズだと教えていただいたときは、奥が深いなとしみじみ感じました。座りのポーズから立ちポーズになる流れが多かったですが、立ちポーズは都度、参加者のレベルや体調に合わせてメニューを考えてくださっていました。

開脚が出来るようにと、クッションやバレエで使われているバンドなどを使用し、開脚のトレーニングをしたことも印象的でした。レッスンの最後はシャバーサナで足裏のマッサージを1人1人に行っていただきました。鐘の音にとても癒されておりました。レッスン後は毎回先生が選んでくださったハーブティーをいただきながら、次回の予約や自宅での練習方法などを教えていただき終了です。

40代半ばでホットヨガに通っています

40代半ばを過ぎ、太りやすくなってきたため、ホットヨガに通うことにしました。ホットヨガのスタジオにはタオルと水を持って入ります。私がやっているのはヨガのビギナーコースで、60分のレッスンです。まずは床にあぐらをかき、腹式呼吸を行います。その状態のまま、腕を上げたり下げたり、肩を回したりします。

そして、上体からお尻のほうまで準備運動が済んだら、それぞれのポーズに入ります。私は体が硬いので、最初はインストラクターの先生がやっているようにはできませんでしたが、それに近づけるようにしていけばいいと言われ、何とかやっています。

回を重ねるごとにだんだんと足なども伸ばせるようになってきました。これは慣れだと思います。インストラクターの先生も無理強いはしませんので、体が硬いからと諦めずにやったほうがいいと思いました。途中ブランクなどもやります。これは結構きついです。

各ポーズが終わると、最後はやすらぎのポーズをしてリラックスして終わりです。汗をたくさんかくので、途中で水分補給をしながらやります。ホットヨガに通ってから新陳代謝がよくなって、肌がきれいになりました。そして、レッスンが終わるとシャワーをして帰宅となります。激しい運動ではないのですが、汗を大量にかくので、体はスッキリしてきましたし、肌もツルッとなるので、いいことばかりです。